• ホーム
  • 主催公演
  • ニューイヤー・コンサート2014 ウィーン・サロン・オーケストラ

主催事業

ニューイヤー・コンサート2014 ウィーン・サロン・オーケストラ

ウィーン・フォルクスオーパーの名手たちを優雅なバレエと歌声が彩る、ニューイヤーコンサートの決定版!
壮麗、優美、華麗…ウィーン伝統の音楽で晴れやかな 新年が幕を開けます!

newyearconcert2014-1.jpg音楽の都ウィーンで抜群の人気を誇る名門のオーケストラ。
新年を彩る、優美で華麗なポルカ、ワルツ、マーチ、アリアの 数々をお楽しみ下さい。

出演:ウィーン・サロン・オーケストラ
指揮&ヴァイオリン:ウド・ツヴェルファー
ソプラノ:シモーナ・アイジンガー
バリトン:ルッシ・ニコフ

*出演を予定しておりましたバリトンのアンドレアス・ヤンコヴィッチは、病気のため、
来日できなくなりました。代わって、ルッシ・ニコフが出演いたします。
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

 

会場

大ホール

日時

2014年1月9日(木)
午後7時開演

主催

主催:茅ヶ崎市楽友協会 0467-82-3744
共催:(公財)茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団 0467-85-1123

料金・税込

全席指定
A席:6,500円 B席:5,500円 学生席:3,000円 Aペア:12,000円 
<好評発売中>
※Aペアは市民文化会館、楽友協会のみの取り扱い。
※未就学児の入場・同伴はご遠慮ください。 【託児サービス(有料・事前申込制)をご利用ください。】


ウド・ツヴェルファー(音楽芸術監督・コンサートマスター)

ウィーン生まれ。ウィーン国立アカデミー(現ウィーン国立音楽大学)、及びウィーン市立音楽院(現ウィーン・コンセルヴァトリウム私立音楽大学)に学ぶ。在学中より多くの著名な芸術家たちと数多くの演奏活動を行い、世界各地で演奏ツアーを行うなど精力的に活動している。1980年にウィーン・フォルクスオ-パー管弦楽団の第1コンサートマスターに就任。1994年にウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団所属のオーケストラ奏者で構成された、“ウィーン・サロン・オーケストラ”を設立。現在までにオーストリア国内外にて4000公演以上のコンサートを成功させている。使用楽器は、1774年のイタリア・ナポリ製のトマソ・エーバレ社のヴァイオリンである。


 

ウィーン・サロン・オーケストラ

1994年ウド・ツヴェルファーのもとウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団のメンバーにより結成された。
世界中からウィーンを訪れる人々に本物のウィーン音楽を本場の雰囲気で、一流の音楽家たちによる演奏で提供しようとの狙いのもと設立。
レパートリーは、ウィーンを代表する作曲家であるヨーゼフ・ランナー、シュトラウス一家、フリッツ・クライスラー、ロベルト・シュトルツなどの序曲、ワルツ、ポルカやマーチ。
またヨハン・シュトラウスの代表的なオペレッタ「こうもり」、「ジプシー男爵」、「ウィーン気質」や有名なアリアやデュオなど、非常に幅広い。
 ウィーンの伝統音楽の継承に力を注ぐ一方で、アルバート・ウィリアム・ケテルビー、ルロイ・アンダーソンなど新しい作曲家の作品も意欲的に取り上げている。主なレパートリーは19世紀初頭の伝統音楽にしっかり根ざしている中で、聴衆が求めるプログラムには柔軟に対応。ミュージカル、映画音楽、ダンス音楽、民族音楽などプログラムは多岐にわたる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ

閉じる