NEW
託児

KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第二弾
「箱根山の美女と野獣」「三浦半島の人魚姫」

「箱根山の美女と野獣」「三浦半島の人魚姫」のイメージ
       
日付 2024年3月2日(土)
2024年3月3日(日)
開催場所 小ホール
上演・開催時間

3月2日(土) 16:00~+トーク
3月3日(日) 13:00~
※2日(土)は公演終了後に、長塚圭史(KAAT神奈川芸術劇場 芸術監督)によるアフタートークを行います。

入場方法

全席自由(日時指定)
一般 3,500円(早割は終了)
ユース(中学生~24歳) 1,000円
子ども(4歳~小学生)     500円
※3歳以下のお子様の入場・同伴はご遠慮ください。託児サービス(有料・事前予約制)をご利用ください。

*市民文化会館にてチケット販売中

県内巡演プロジェクト第二弾。世界の名作が奇想天外に生まれ変わる豪華2本立て!
「箱根山の美女と野獣」「三浦半島の人魚姫」


 

【作・演出】長塚圭史 【音楽】阿部海太郎 【振付】柿崎麻莉子
【出演】菅原永二 柿崎麻莉子 四戸由香 長塚圭史 片岡正二郎
【演奏】トウヤマタケオ

神奈川県を舞台に生まれ変わる、新しい「美女と野獣」「人魚姫」
KAAT神奈川芸術劇場による県内巡演プロジェクトが茅ヶ崎にやってきます。第二弾となる今回は、世界中で親しまれている「美女と野獣」「人魚姫」。二つの物語の舞台を神奈川県に移し、神奈川県内各地域の伝説やエピソードを盛り込んで書き下ろすオリジナル作品です。どうぞお楽しみに!

-あらすじ-
『箱根山の美女と野獣』
箱根山神山に棲まう恐ろしいヘビの元へ、人質として送られたカベコ。
ヘビは美しく裕福な天稚彦へと身を転じるも、カベコは目もくれず慎ましやかな生活を願う。
カベコに認めてもらおうと、天稚彦はカベコの家族を招くことを許すが…。
『三浦半島の人魚姫』
相模原市で洋食店を営む幸福な夫婦。
目まぐるしくも踊るような日々の中、妻・瑠璃がいなくなってしまう。夫・厚志は途方に暮れる。
夜の江の島で出会った爬虫類専門の男に、瑠璃は、最近目撃情報が多発している「人魚」を探していると告白する。

企画制作:KAAT神奈川芸術劇場

主催:公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
共催:一般財団法人地域創造 

※託児サービスあり(有料・事前予約制)
お電話で「イベント託児・マザーズ」へ
TEL:0120-788-222

問合せ先

茅ヶ崎市民文化会館 0467-85-1123(9:00~22:00、第4月曜定休)